ザリガニ

子供の頃、近くのドブ川で賑わったのが、ザリガニ釣り。

街中ではドブ川も暗渠下水化が進んで、めっぽう少なくなってきました。都市生活の衛生・安全のため、やむを得ない事なのでしょうが、その代償として季節感や自然から遠ざかっていく印象は否めません。

昨今の子ども達の遊び方も、変わりました。
外に出て、仲間同志で遊ぶという事も少なくなってきたのでは・・・?

ザリガニ釣り賑やかなりし頃、そのドブ川に集まった子供たちはそこで、知り合ったりもしたモノです。親にすれば、不衛生なお遊びだった事でしょうがそんな経験が、お勉強だったり・・・。

街中の自然が遠ざかっていく事は、子ども達の成長にどの様な影響を及ぼすのでしょう?
自然とふれあうためには、親子で小旅行にでも出かけない限り、味わえない最近のキッズには少々、可哀そうな気がします。

昆虫採集や水辺でのフィールドワークは、昔なら子どもの必須科目。
そのワクワク感が身近で味わえないのは、残念な気もする今日この頃なのです。

ザリガニ釣りイメージ画像333×500.jpg



この記事へのコメント