鮒 釣り

兎追いしかの山
小鮒釣りしかの川 ・・・。

故郷の歌詞。
昭和世代のキッズなら、まだまだこんな雰囲気の時代の名残りが・・・?

野池釣りイメージイラスト400×939.jpg


今では池の周りにはフェンスで囲われたりして、安全第一。
野外活動は危険が一杯。

けれども、当時の子どもたちの遊びと言えば、今でいう危険地帯での野外活動・・・?
当然ながら、両親には何時も注意されていた、お外でのお遊び。

最近では、ヘラ鮒釣りの管理池もめっぽう少なくなってきた様な・・・?
釣りは、ヘラに始まりヘラに終わるとか・・・。

初めはなかなか難しくて釣れない鮒。
色々試行錯誤して、小さいの1匹。

エサはうどんとかマッシュ。
マッシュは芋の粉。

上下の針で上に撒き餌マッシュを練って取り付けて、下には持ちの良いうどんやグルテンを付けて・・・。
のべ竿を駆使して、道糸の長さが狙う水深。

浮きの位置で水深の決定。
同じ場所に餌を落とし込んで、魚を寄せるのが最初の仕事。

浮きを見つめて挙動を観察。
ヘラブナ釣りは、のめり込めば道具が豪華になって来て、結構な趣味に・・・。

竿とたも網、それらを受ける受け材や万力、エサを練る器、釣り座や傘や、タックルボックス。
山中の管理池で季節を愛でながらの鮒釣り。

有名なところでは、紀州へら竿。
竹ならではの竿の良さとか、しっとり感とか、しなり感とか・・・。
その味わいに魅せられれば、年中ヘラを求めに釣り三昧・・・?

先ずは、カーボンの名竿がまへらから・・・?



【楽天スーパーSALE エントリーでポイント10倍〜42倍】 (予約品) がまへら 更紗(さらさ) 12.0尺 ※他商品同時購入不可 (6月上旬−7月発売予定) ngrod 【期間 6/4 20:00〜6/11 01:59】


この記事へのコメント