地球温暖化対策 カーボン テクノロジー

昨今の温暖化は、二酸化炭素やメタンガスが犯人というのが主流。両方とも炭素・カーボンによる大気の温度上昇という発想。

二酸化炭素を封じ込められれば、温暖化は阻止できるかもしれないという発想から、鯨を保護して生を全うして、海中深く埋葬されれば温暖化に貢献するというニュースさへ、報じられている程。

どんなに鯨が大きくたって、温暖化を緩和するのにどれくらいの鯨が今後、海の中で世代交代しなければならないのでしょう・・・?

ならば、カーボンを集めて炭素繊維やダイアモンド、カーボンを扱ったテクノロジーで炭素を一定期間石炭の様に固めてしまって、大気から隔離しても、対策に・・・?

とにかく炭素を含むモノを燃やしたら、大気に炭素が放出される・・・。
炭素以外の熱エネルギーで効率の良い動力が産まれれば、産業革命以来の問題が一つ、解決される・・・?

そして、大気中の炭素を回収して固体や液体あるいは気体のままでも、大気から隔離すれば、温暖化の阻止に貢献できる・・・。

カーボン素材の橋梁やダム、トンネル、建築物で燃えにくい素材が開発されたら、かなりのカーボンが回収できるでしょうが、それは今ではもはやSFの世界・・・・。

鯨が大きな生物だと言っても、保護して海を鯨だらけにするのもSFの世界・・・?

最も身近な方法は、森林地帯の回復なのかもしれません。自然災害で大火の危機もあるけれど、人工的な森林の回復で大火を防ぐ手立てを講じて砂漠にはオアシス、山のふもとや都市の中には林や森林公園を設けて、避暑地を確保できればヒートアイランドも解消されるし・・・。

高層ビルやだだっ広い工場だけが、生産性がある時代はもうすぐ変わるかもしれません。

カーボンテクノロジーが温暖化阻止の一つの手立てになるかもしれないし、鯨もそうかもしれないけれど、樹々のもつ恵みに着目して、緑が増えれば、それも温暖化阻止に繋がる事でしょう。

大陸で、象形文字が産まれた頃はそこには、象もキリンも跋扈していたそうです。なので、今ほど黄砂に悩まされもしていなかった・・・?今やその地は、PM2.5の大気汚染に悩まされる所・・・?



【花苗】楽天1位 秋植えイングリッシュガーデン 9苗セット 春から初夏に開花 花苗セット横幅約1メートル【お届け10月下旬〜秋苗先行予約】花苗 秋苗 セット 宿根草 一年草 多年草 花の苗 ガーデニング 苗物 花壇用 ナチュラルガーデン 季節の花苗 庭植え 英国庭園風 園芸

この記事へのコメント