がんばれベアーズ

もう40年以上も前の米国の映画、今観ても面白いコメディ映画。アメリカの一地方を彷彿させる映像、ピザ、ハンバーグ、フライドチキンにバドワイザー、2サイクル125cc程度のバイクに、ハーレーダビッドソンのロゴシールを張り付けて、走り回っているタバコを吹かした悪ガキ・・・。

今こんなことして走り回っていたら日本ならずとも、米国でも即、補導・・・?

米国独特のデフォルメとコメディーの反面、日本的な泥臭い人情コメディーの一端も垣間見せたり、理屈抜きで情感に訴えかけるシーンや今なお悩める色々な問題にも通じる社会風刺への投げかけもこのクラシックな映画には、エッセンスとしてこめられていて、どこか浪花節的な土の臭いのする名作だと思うのです。

個人的にはブルース・ブラザーズより、日本人には理解しやすい米国のコメディー・・・?

ブルース・ブラザーズには、かの国の人々にはキリストへの信仰の敬虔な思いが投影されていたりして、誤解を恐れずに言えば、西欧では少々感じられにくくなった様にも思える、キリスト教信仰の多々ある一面の内のある一面を、他宗教である日本の一個人が感じる彼らの信仰感とかへの濃厚さとかを感じたりしたものですが、がんばれベアーズにはかつてのTV番組でもある、ミスター・エドや、じゃじゃ馬億万長者の様な米国の超クラシックなコメディ、純粋に娯楽と受け取って楽しめて、チョッピリ社会風刺もあるけれど的な番組に近しい感じのする・・・かなり冗長な感想を懐かしさと共に、見居ってしまいました。

ハリウッドが色合いを変えて、エンターテインメントとしての映画が昔の様な活況のない息苦しさを感じている昨今、この頃にはこれから成長していく様な勢いを感じさせてもくれて、自分はもう老害の域なのかとも感じてみたり・・・。

コンバットや西部劇も無邪気に楽しんでいたあの頃。地政学が禁句にも近かった当時からすれば、今はヤッパリ主権に対する意識も変わってきたのでしょうか。

マァそんな無粋な事は別にして、チョッピリ文化的に興行を楽しむ余裕を持ちたいと願う事の出来る現状。がんばれベアーズは確かに面白い映画でした。

がんばれベアーズ897×1267.jpg

この記事へのコメント