マイルス・デイヴィス 徒然

ccトランペット500×750.jpg


ジャズの帝王、マイルス・デイヴィス。

ジャズファンならずとも彼の名を聞いたことのある人は、多いはず。

トランペット奏者で、今なお彼のイメージは他のトランペット奏者たちすら忘れられない否、その影響を受けていない人はいないでしょう。

ジャズと一言で言っても、その範疇はもはや意味が、ないかもしれません。音楽の世界で、どうにもお互いに作用反作用とか、化学反応があるだろうから・・・。

そうとは言え世の中、ポップスや歌謡曲、ロック系やラップ系とか持てはやされている昨今・・・?ジャズは何時の世もあまりパッとしない・・・?

本場、米国でも過去の売り上げはロック系、信心深い人々の間では、ゴスペル・・・・。ジャズはヤッパリ、マイナーな音楽・・・。おそらく多くの方々のジャズへの印象は、薄暗い部屋、タバコ、酒、ナイトクラブでかかっているBGM的なミュージック・・・?

メロディーもハーモニーもリズムさへ時に、ややこしそうでその点では、日本の義太夫や雅楽・狂言の囃子と同じような幽玄にさまよう様な混沌の世界な事でしょう・・・・。そもそもジャズにはボーカルの少ないのが、寂しいとかも・・・?

さて、マイルスがエレクトリックサウンドを導入して以降、当初は色々取り沙汰されたそうですが、今ではアコースティックサウンドとの比較さへ無意味なほどに、ジャズはロック・ポップス同様多彩なサウンドを産み出している・・・。

マイルスは多くのプレイヤーと共演して、彼らは新たな音を産み出してジャズはドンドン大きく深くなって行きました。彼との直接の関わりのない無いプロのジャズミュージシャンだって、知らない人はいないでしょう。

確かに彼は帝王だった。本当に凄かった。

今後新たなジャズトランペット奏者が多く輩出される事でしょうが、未来の彼らすら、マイルスの音には必ず触れる事になって、その影響を受ける事がまず間違いのない事だとも思うのです。

生身のマイルスを拝めた世代は、ジャズの歴史の最もエポックな時代に生きたとも言える程・・・。

クラシックでピアニストが、ショパンとかベートーベンを勉強するようにマイルスは、ジャズを志すミュージシャンに影響を及ぼすに違いない・・・・。

チャーリー・パーカーもチャーリー・クリスチャンもオスカー・ピーターソンもレスター・ヤングやサッチモ、カウント・ベーシーも凄かったけれど・・・。

マイルスの音は、無限に広がって深くなって行って、彼の逝去で否応なく止まってしまった。もし余命があったのならもっと広く深くなっていたに違いない。そんなイメージがするのです。

マーカス・ミラーが作った"Mr.Pastorius"は、マイルスのアルバム"Amandla"に収録されていて、それは、作曲者のマーカス・ミラーのアルバム"The Sun Don't Lie"にも収録されていて、同じ曲にもかかわらず、そこから受ける印象にはそれぞれの個性が、アリアリと伺えます。"Amandla"のそれは、死刑台のエレベーターを思い出させます。

ちなみに死刑台のエレベーターでは、マイルスはその動画を観ながら即興で、作曲したとか・・・?その真偽は定かではありませんが、その様な話も聞いた記憶があります。

ジャズにはその様な互いにインスパイアされた曲が、多く発表されていて、その表現は単なるカバー曲では味わえないジャズならではの楽しみ方を聴く者に体験させてくれたりもします。

似て非なる様なサウンドもあったり・・・。奏者の奏でる曲のイメージで、聴衆者へ別のイメージを産み出したり・・・。

晩年のマイルスは、トランペットを下方に向けて吹いている姿が印象的でした。またギタープレイヤーのマイク・スターンとの会話で、音出し過ぎてもダメだし、出したりないのもダメだという余話も、何処かの雑誌の記事で読んだことがあって、トップクラスのプレイヤー同士の会話ってその緊張感や質感に意味も分からず、何となくカッコよさを感じたモノです。

色々なステージで色々なパフォーマンスをファンに披露して、舞台では正にスタイリストな奏者でもあったマイルス・デービス。

音楽ではマイナーなジャズの一人のプレイヤーに過ぎないかもしれないマイルス・デイヴィスかもしれないけれど、地球上のどこかで彼の音を誰かが流していて、それは途切れることなく連綿と鳴り続いている様な気がします。

この記事へのコメント