ライト・アズ・ア・フェザー

チック・コリア率いるリターン・トゥ・フォーエヴァーの名盤。 チック・コリアはキーボードプレイヤー。 ラテンの香り、エレクトリックサウンド、個人的にはヨーロッパの風景を思い出してしまう雰囲気。 このアルバムの中では、"スペイン"が超有名になりましたネ。 フローラ・プリムの声とジョー・ファレルのフルートがマッチした印象。 チック・コリアとスタンリー・クラークのリズムの刻み方がもう、…

続きを読む

ウェザー・リポート

ウェザー・リポート。 ジョー・ザビヌールとウェイン・ショーター率いるフュージョン系グループ。 詳細はウィキペディアでも紹介されている有名なジャズ・フュージョン・グループ。 その全盛期と言えば、アルバムで表現すればヘヴィーウェザー前後からナイトパッセージに至るまでの頃かと・・・。 つまりはジャコの加入時。 ザビヌールのエレクトリックなキーボードとウェイン・ショーターのサッ…

続きを読む

ヘヴィーメタル・ビー ボップ

1978年、ブレッカー・ブラザーズの作品。 当時、ブラスセッションで一世を風靡したのはシカゴ、BST、そして、ブレッカー・ブラザーズと言う感覚。 シカゴやBSTはロック・ポップ系で、ブレッカー・ブラザーズはフュージョン系というコレマタ感覚。 この兄弟は、色々なミュージシャンとアルバムに参加して多くの作品を残しています。 特に弟のマイケル・ブレッカーは既に夭折しましたが、多くの作品…

続きを読む

ザ ブック オブ エンジェルス

マイフェイバリットなギタリスト。 パット・メセニーの2013年のアルバム。 メセニーを聴きだしてもう、数十年。 彼はギタリスト。米国のプレーヤー。 アマタご活躍されているギタリストの中でも何故かお気に入りに。 ウェス・モンゴメリー、ジョー・パス、チェット・アトキンス、エリック・ゲイル、ラリ・カル、ロベン・フォード、マクラフリン、ベンソン・・・etc. 数え上げれば枚挙…

続きを読む