情報の真偽 操作既得権益 国民の利益

computer_search_kensaku.png


ネット上で公開されて、旧メディアでは中々うかがい知る事の出来なかった情報というのが、年を追うごとに増えてきている様な気がします。


TVやラジオ、新聞や週刊誌の情報にはフィルターを通したかのような、バイアスのかかっているイメージがする情報がネットでは、それらを覆す様な数多な発想で、多くのコンテンツを介して公開され、その情報量はひと昔前では考えられない程の感がします。


ネットの情報はそれら以外にも、今まで見えにくかった事すら見えてくるような示唆のある状況をも包含して、一個人に様々な情報を提供してくれます。


今はコロナウィルスで世界は混乱の渦。


その発信源は地球上の人類なら、知らない人はいないでしょう。


それでも、あえて世界を席巻しているこれらに関する情報は様々です。


虚実がホボホボ判明しているにも拘らず、平然と虚を垂れ流す情報もあれば、そうではない情報もあるという印象をどうにも拭えない。


他方あまり知られていない情報もネットで検索すれば、判ったり・・・。


例えば、米国輸出管理改革法(ECRA)に関する情報とか。


日本政府はこれに参加している。


旧メディアでは今はあえて積極的には、報道されてはいない印象・・・。


様々な力学が作用して、国民には浸透するまでにタイムラグを発生させるかの様な操作を、示唆させるイメージも無いとは言えません。


既得権益に預かる個人・企業・団体を、違法スレスレでもそのパワーで、臭い物に蓋をする的な印象・・・・?


その臭いに気付いてほしい、他の公権力を持った人々の見えざる努力。


彼らは国民に一刻も早く知って欲しいのかもしれません。

factcheck_woman.png


他方で、親中派の老害とまで批評される様な政治家や財務官僚ベッタリの政治家の皆様って、国会内に居られるのでしょうか。


幾名ほどの皆様が、その様な方々なのでしょう?


その様な方々は、日本国民にとって善き政を執り行ってくれるのでしょうか・・・?


国民にはその様なことなど知る由もないと、思っている方々もおられるのでしょうか?


次々刻々と変化する世界。


人の口に戸は立てられぬというのは、どうやら真理に近いフレーズの様な気がします。


兵法は詭道。


騙し討ちも兵法。


嘘も方便。


それらの結末には時間の推移で、落ち着くべき処に落ち着いて行くのでしょう。


既得権益に群がる頭の黒いネズミを狩る猫の色には黒白問わなかったお話は、過去のお話・・・?


情報の交錯はあれど、情報が溢れればあふれる程、国民の中には賢明な方々もおられて、電信柱のトランスの様にパワーアップされて情報が一戸一戸の国民の下に発信されている印象です。


既得権益を活用したいのは、大企業のイメージ。


パワーを持つ者の宿命を少なくともせめて人類主観で、経年の努力で浄化して欲しいモノです。


後は宇宙の真理の決裁を待つとか・・・。

日本とイスラエル

国際的に、日本人は概ね評判が良い様です。


特に有名なのが、トルコやポーランド、パラオは有名。


このうちトルコとポーランドは日露戦争で、ロシアに果敢に挑戦した歴史がかの国の国民に高い評価を得たのは、学校ででも教えてほしい誇らしい処です。


日露戦争では、軍費が国内ではどうにも捻出できず海外へ借金を申し出ましたが、当時の海外での評判は極東の小さな国がロシアに勝てるわけがないというのが有力な評判だったそう。


どこも貸し手は無かった。


けれども一人この国の借金を受け入れてくれる人がいた。


その人がユダヤ人銀行家のジェイコブ・ヘンリー・シフ。


ユダヤの民は亡国の民だった。


それ故に欧州各国を流浪して、その国々を富ましても彼ら自身が経済を握ってしまうので、最終排斥の憂き目に遭い、国を追われることもしばしばあったそうです。


欧州では当時ユダヤ人はその様な目でも見られていたそうです。


他方で、日本人はそんな彼らをその様な目では見ない。


そんなに優れた人々なら、教えを請い仲良くしてもらいたいというのが、維新後の私たち。


それ以前は鎖国の影響で、ポルトガルやオランダ、スペインあるいは一部の海外の人々としか胸襟を開く事は無かった。


イスラエルの人々の中には、アインシュタインを尊敬している日本人が、少なくない事もご存知。


アンネ・フランクを知っている事も・・・。


全体主義の時代。


ドイツと日本の差を知っていたのかいないのか、彼らの命を少ないとはいえ、救済した事実もご存知。


杉原千畝は有名だけれど、樋口季一郎も彼らは知っています。


戦犯で軍人であった樋口季一郎をマッカーサーが、ソ連の引き渡し請求に対して拒んだのは、ユダヤ人の活動があったから。


体力の無い国家程、諜報活動が優秀なのは古来よりの一つのカタチ。


当時の共産圏ソビエトの諜報活動は、MI6やCIAを凌駕していた。


アインシュタインもカール・マルクスもユダヤの民。


イエス・キリストも・・・。

有名なユダヤ二人650×361.png

作家 司馬遼太郎 考

司馬遼太郎と言えば、昭和世代な頃は最も有名な日本歴史小説の大家の一人という印象です。


池波正太郎や柴田錬三郎と並ぶ、直木賞的な作家で、新聞記者から転身された作家だった。


映画「悪名」で、八尾の朝吉と言えば勝新太郎と田宮二郎、の名コンビその小説を書いた作家が、今東光。

悪名630×426.png


売れに売れた日本映画でした。


氏は坊さんの印象でしたが、政治家にもなったりして、結構破天荒な僧侶のイメージでした。


一説によると司馬遼太郎は、彼に作家になれと勧められたそうです。


当時すでに有名だった小説家、海音寺潮五郎からも讃えられた事も記憶の端に残っているのですが、これは個人的おぼろげな記憶なので真偽のほどは不明です。


海音寺潮五郎には、西郷や大久保を教わり孫子も教えてくれたイメージです。


第二次大戦を経験して記者だったこともあり、当時の世相に一投を投じていたのは作家としても有名だったので、そんな彼の言には、子ども心にも何か複雑で難しい感覚を感じいていたモノです。


彼の作品は大河ドラマ化されて、かなりの評判だった。


同世代付近の方々なら、司馬遼太郎の名を知らない人はいないでしょう。


生涯、東大阪市の小阪を住処にして、それは市長さんか誰かに、ここでずっと執筆してくれと請われたそうで、当時いたずらなガキだった亡父が、多分先生に怒鳴られたかもしれない頑固そうなオヤジさんが、彼だったかもしれないという昔話をしていたのを覚えています。


亡父は、柴錬と司馬遼を専らの愛読書として生前、蔵書していました。


という事で、歴史認識がどうしても彼等から影響を受けています。


例えば、坂本龍馬は英雄だし、幕末の志士、西郷や大久保、大村益次郎、高杉や容堂、以蔵に岩崎弥太郎、象二郎、新選組に至るまで彼の書籍から受けた印象です。


慶喜もそうでしたが海舟だけは何故か、子母沢 寛が濃密に脳裏にこびり付いています。


司馬遼太郎はフィールドワークが凄まじい印象でした。


海音寺や子母沢の頃はまだ、明治を知る人々が生きていて口伝で、事件を知る事も可能でした。


司馬遼の時代になるとその様な事も難しかったのではないでしょうか・・・。


その分文献や現地の史跡、記者でもあったから取材力にはかなりの手腕があったでしょう。


逆に言えば記者だったウィークポイントもあったかもしれません。


それが何かなのかは知る由もありませんが、大戦の経験は大きかった事でしょう。


彼の作品は信ぴょう性の塊で、ツイツイノンフィクション的判断に傾倒してしまいそうになります。


彼亡き今となっては、作品などを通じて今を知るしか術はありません。


中国との国交が開かれた時、彼や井上靖、陳舜臣、須田剋太等がかの国を訪れて、そのエッセイも結構人気になりました。


今それらを再読した時、かの国の異常なまでのドラスティックな変貌には、さらにそれ以前のかの国の歴史に新たな洞察を想像できたりさせてくれます。


当時を生き抜いた、作家や画家の作品の対し方にも同時に新たな洞察が加味されたりもします。


司馬遷から名を借りた彼の小説にも、私的なエッセンスが含まれているだろうことは当時から薄々感じてはいましたが、その様な線上ででも時の流れというモノは更なる気づきを示唆してくれるのが、分かるような気になったりします。


NHKがアーカイブで過去の中国を訪れた映像を流している時、ふとそんな事が脳裏を過ぎりました。

シルクロード650×487.png

日本神話

monogatari_inaba_shirousagi_ookuninushi.png


日本列島にヒトが登場したのが、37,000~38,000年頃前だと言われています。


現時点、世界最古の磨製石器が出土されたことで、日本人のルーツは概ねその辺りというイメージがされていて、結構長い間日本人はこの列島で生活をしているという事になります。


その間の一時は文字を持たずに口伝で物語が伝承されてそれが、神話へと熟成されてきたのかもしれません。


おそらくはそんなこんなで、日本の神話へと昇華されたのではないでしょうか。


やがて人口も増えてきて集団の数や人口も肥大化して、日本人は10,000年以上にわたって狩猟採集生活を営んでいた。


農耕を覚えて日本人は縄文時代を弥生時代へと日々の生活に変革を取り入れた。


大陸では3,100~3,400年前頃に甲骨文字が活用されるようになって、甲骨文字が漢字になって日本に登場するのが1世紀頃だというから、甲骨文字からなら1,000年以上経ってから文字を知るようになったと・・・。


飛鳥時代になって聖徳太子(厩戸皇子)が十七条の憲法を制定したのが、604年。


古事記が編纂されたのが、720年。


記紀は仏教が伝来されてから編纂された。


十七条の憲法には、篤く三宝を敬えと言われて、それまでの神々にかけて十七条にしたという説があります。


1. 雨之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)


2. 高御産巣日神(たかひむすひのかみ)


3. 神産巣日神(かみむすひのかみ)


4. 宇麻志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)


5. 天之常立神(あめのとこたものかみ)


6. 国之常立神(くにのとこたちのかみ)


7. 豊雲野神(とよくものかみ)


8.9. 宇比地邇神・須比地邇神(うひちにのかみ・すひちにのかみ)


10.11. 角木杙神・活木杙神(つのくひのかみ・いくくひのかみ)


12.13. 意富斗能地神・大斗乃弁神(おほとのちのかみ・おほとのへのかみ)


14.15. 於母陀琉神・阿夜詞志古泥神(おもたるのかみ・あやかしこねのかみ)


16.17. 伊邪那岐神・伊耶那美神(いさなきのかみ・いざなみのかみ)


以上の十七柱の神々にかけて十七条の憲法を制定されたと・・・。


これが帝国憲法まで神話のエッセンスが、挿入されていて日本人には今より深い神話が日々の生活に深く浸透していたイメージです。


最後の終戦を迎えて、神話の濃度がこの国では希釈されたかのような印象も否めませんが、歴史学者アーノルド・J・トインビーは子どもの頃に神話を教えてあげないと亡国の憂き目に遭うと言っていたとか・・・。


という事で、記紀は小さい頃から教えてあげてあげたいお話しだとも思うのです。


トインビーの言が正しければ、亡国の憂き目に遭いそうなお国が、近い将来にも現れるのでしょうか・・・?


そもそも人類は物語が大好きな生き物なのだから、神話をもっと拡散されてもよさそうな気もします。


神話には奥の深いマークが潜んでいそうで、民族の多様性を匂わせてくれて、地球上の生物の宿命の多様性の維持に関して言えばどちらかと言えば至極、健全なイメージな気もします。





【タロットカード】日本神話タロット 極


今さら聞けないパソコンのバックアップ

HDDイラスト450×321.png

今さら聞けないハードディスク事情。


10年来酷使し続けた、PCが電源供給部分のトラブル(>_<)


スリープ状態から復帰できない故障にあいました。


近くのパソコンリペアショップで診断してもらったら、電源供給部分のトラブルということで、¥25,000也のお見積り。


辛い出費。


帰宅後追い打ちのTELが・・・。


HD(ハードディスク)が逝きかけていますヨのご連絡。


普通10,000時間付近で寿命が尽きるのが、HDなのだそうです。


それがマイPCのHDは80,000時間を優に超えていて、何時クラッシュしても不思議ではなかったそうです。


という事で、SSDに取り換えてもらいました。


しめて、¥45,000也。


少々お高い出費になりましたが、当面はHDD→SDDの取り換えで、快適に。


もし、HDがクラッシュして復旧という事になると、それ以上の金額が必要になって、復旧できるかどうかも状況によっては不可能な場合もあるそうです。


なので、バックアップが必要な事、今更ながら実感しました。


バックアップはHDDの方が良いそうです。


何かの折にSSDでは修復が不可能なのだそうで、バックアップにはHDDという事です。


最近はお安いバックアップHDDが手に入るので、助かります。




ORICO 3.5インチ HDD ケース HDD ケース 3.5 ドライブケース USB3.0 ハードディスク ケース 外付け ハードディスクケース 高速 USAP 対応 SATA3.0 簡単 バックアップ 【ORICO日本正規代理店】

SMAP人気NHKに再放送希望殺到の件

NHKの人気番組「プロフェッショナル仕事の流儀」のSMAPシリーズの再放送が切望されてNHKにその要望が殺到しているという記事。

この時期に彼らの活躍している番組に・・・。

今の多くのファンが、彼らを切望している様です。

ジャニーズの若者の面々は、何だかかんだと言っても潜在的ファンの応援に、今なおその魅力を放っている様子です。

以前ほどの露出度がなくなって、少々寂しい気もしていましたが、このようなご時世に彼らの元気な様子を伺えれば、元気になれるかもしれません。

パソコンビジネス シニアでデビュー

シニアのパソコンデビュー第2弾のホームページのご紹介m(_ _)m

ブログで資産構築。

¥0スタート。

最初は牛歩の歩みだけれど、日々精進が在宅ワークの扉を開いてくれるかもしれません。

やってみなければ結果は出ない。

やるなら今でしょう?

という事でHPのご紹介です。

¥0だから、負債は時間の経過のみ。

あなたの経験や知識が収入の流れになるかもしれない、今日日の世の中。

ホンの数時間を、パソコンビジネスに投下するのも、悪くないかもしれません。

キャプチャ㏄77-450×146.jpg